くる天トップ -  お絵かきブログ。無料お絵描きブログ。課金ブログ作成。ブログで儲ける。

ヘルプ
無料お絵かきブログ
無料お絵かきブログ ブロくるby くるくる天街   課金ブログを作ろう!プレミアムブログ  
 
占いシステム開発】 電話占い取り次ぎ業務、占い師の管理、給与管理の業務効率化。コスト削減、回転率UP・売上UP。サービス向上にもご協力させて頂きます。
美容・健康 - 健康  
 
共通テーマ
説明関連記事なら何でもOK。
変わりたいという思いはそこで終わる (meraina)
今の現状を何とかしたい、変わりたいと希望を持っている人達は大勢いる。しかし、そのほとんど全員が変わらない。何故ならば、変わりたいという願望だけで動きが無いからである。こうしたいという強い意志があれば、すでに行動にうつしているからである。
将来に向かう新たな自分探し (meraina)
今現在、新たな次元層へと移行をしている。その中において、何をしていいのか解らない人達も沢山存在している。何をしていいのか解らないという感情は、魂レベルにおいて、何かをしたいという思いの表れなのである。
「病は気から」から未来へ (meraina)
病は気から 古来より、伝承されている言葉である。誰もが聞いたことがあるはずである。それにも拘らず、様々な不調が身体や心に訪れると医師に頼るのである。困った時の神頼みから医師頼みになっている。それ程までに、何でも医師に頼ろうとしてしまっている現状がある。医師は病を治す手伝いをするのである。病は自らで治ろうとしなければ治るものではない。そこには物理的な治療が必要なケースもあるが、それも病を治す手伝いのひとつなのである。また、それだけ人類の心の在り方が弱くなってしまっているためでもある。心の在り方には魂の遺伝子御霊の領域も関連している。
自分を信じる (meraina)
昨今のあらゆるメディア関連の多方面からの影響やサブリミナルなどにより、自分自身の心に強さを持てなくなっている人達が増えている。何をどうして良いのか解らないのである。かつての人々は解らないなりにも自分自身の本能により、直感が働いていた。そのために、前進しようという思いにより前進する事が出来たのである。今は何も出来なくても、いつか必ず何か出来る様になるという様に。
真実は自分が心の奥底にしまっている (meraina)
誰もが真実を知りたいという思いを抱く。その思いとは、自分の心の奥底に眠っているのである。そこに気づくか気付かないか、それだけなのである。自分は何かがあった際、真実を知っているために、物事の良し悪しを見極める事が出来るのである。これは、難しい様で難しい事ではないのである。
人前で言いたい事が言えない (meraina)
人前にて自分自身の思いを伝える。ごく常識的に思える事であるが、人前で言うという事がなかなか出来ないのである。失敗を恐れる人、何かで笑われる事を恐れる人、緊張して頭が真っ白になってしまう事を恐れる人、緊張しすぎて周囲の人達が何を言っているのか解らなくなってしまう人などにより、多くの人達が苦手とするのである。しかし、自分が得意な分野においてはある程度緊張したとしても、こなしていけるのである。それだけ場慣れをしているためである。
絵文字に頼る心理 (meraina)
携帯電話やメールなどにより、日常的に普通に絵文字が用いられる様になっている。コミュニケーションとしてごく普通になっているのである。自分自身の普段言えない感情、心のうちを絵文字にして伝えていくことができるためである。しかしながら、そこに盲点があるのである。
自己深層心理からの逃避 (meraina)
人生経験の中において、憧れる思いを描く事がある。その思いにより、自分自身の気持ちを癒していると思うのである。しかしながら、その憧れるという思いは遠くにあり、手の届かないところへの思いでもある。手に届かない思いであるために、思いは募り、憧れに対するイメージはエスカレートしていく。自分自身はその思いが純粋なものであると思い込み、周囲はその姿を冷静に見ていく。自分自身と周囲とのギャップを感じた時、自分の思いを理解してくれる人を捜し求める。そして、いつしか自分の中には無くてはならない存在となるのである。
大人も子供と同じサブリミナル状態 (meraina4)
子供達は、様々なアニメを見ている。その中で、今の大人達が子供だった時にはすでに存在していたアニメがある。それらの何種類かは、キャラクターが年をとらないのである。いつも同じ年で、子供達が成長をし、学年が変わっても、アニメの登場してくるキャラクターは学年も変わらないのである。そして、幼少時にそれらのアニメを見ていた子供達も大人になり、その子供達がまた同じテレビを見るようになる。大人達も懐かしく見るのであるが、アニメのキャラクターの年齢は全く変化しないのである。
誰もが安心感を持ちたい時 (meraina4)
そこを依存というのか、助け合うと考えるのかはその人次第である。同時に、これらを考えるだけで未来設計を固定化させている事実もあるのである。自分から未来を無意識下で狭めているのである。心は、本当に狭められた未来を望んでいるのだろうか。それとも柔軟性のある愉快な未来を望んではいないのだろうか。
水瓶座(アクエリアス)と共に (meraina4)
自らを乗り越えていく勇気が必要である。そこには今までの過去を振り返る時もあるのである。しかし後悔をしながら振り返るのではなく、これからの人生に活かせる様にひとつひとつを検証して行くのである。一体どれだけの事をしてきたのか、勇気を持ち、振り返る事が大切なのである。その時に心の底から湧き起こった思いに対して、広がりのある波紋が生じてくる。それが、アクエリアスの波紋なのである。水瓶座から広がる心の波紋なのである。
水瓶座(アクエリアス)に繋げる扉 (meraina4)
2006年5月13日を迎え、玉依姫クローンエネルギーを排除し、ユダクローン御霊が戻ってくる事が出来た。この事により、魂の御霊達が統合していく事が出来るのである。そこからユダのオリジナル御霊に繋がり、さらにキリストのオリジナル御霊へと繋がるのである。
水瓶座(アクエリアス)の役割 (meraina4)
自分にチャレンジする波紋を呼び起こす事が役割である。そこにはぬるま湯は存在していない。しかし、自分の意志が明確であれば、未来への波紋は繋がっていくのである。アクエリアスの役割とは、人類がそれぞれに描いている希望でもある。この希望は、自分自身が思い描く未来の図なのである。この図がどれだけ大きく描けるかにもよるのである。
水瓶座(アクエリアス)が繋いでいくエネルギー (meraina4)
澄んだエネルギーにより大きく浄化となっている。大地は雨によりしっとりと塵が清められ、雷により大地はマイナスイオンで満ちあふれる。これらの浄化により、人々へも自然に浄化のエネルギーが伝わるのである。自分の周囲が浄化、クリーニングされていくと、魂レベルにおいての遺伝子の統合へと繋がっていくのである。
過ぎ去るオリオン座からアンタレスへ (meraina4)
オリオン座と蠍座のアンタレスはギリシャ神話において敵対していた。しかし、本来は同じエネルギーを保有しており、夏と冬に分かれて、地球を見守っていたのである。夏の南の空に大きく輝くアンタレスが人々を未来に向けて導いていき、冬になるとオリオン座が輝き、勇気が湧いてくるのである。この様に、たくさんの人々の心の糧となっていたのである。
蠍座が受け継いで行くもの (meraina4)
蠍座のアンタレスは、琴座のベガにも対応している。天の川の上流と下流にも繋がっていく。銀河の中心地点である蠍座と射手座の間には、琴座のリラが輝くのである。
蠍座と木星が伝える天の川の流れ (meraina4)
天の川のこれからの流れを伝えている。未来への流れの事である。 天の川銀河の渦巻きの流れは中心に向かうのか、外側に向かうのか。それは、天の川銀河に存在しているそれぞれの思いに委ねられているのである。
流星群が去った後の新月によるリセット (meraina4)
オリオン座、おうし座、しし座流星群と3つの流星群が続いた。それぞれ浄化をし、充電をするチャンスとなった。心の作業により、自分の中の感性が開花した人達も多い。その中で、2006年11月21日の新月は非常に大きなリセットとなるのである。二度と無いタイミングであるリセットとなる。今までの成果のひとつが発見できる日となる。
子供達に失われた心の信頼関係 (meraina4)
子供達は今、何を信じていいのかわからない。親達は親なりに心配をしているが、子供の気持ちとは大きなズレが生じている。学校社会の中において、もうその場に居たくないという現状が存在しているという事実を親達は理解出来ないで居る。子供達が親にほんの一言でも相談したのであれば、その時が大きなサインなのである。見 逃してはいけない大きなサインであり、子供達は親に気づいて欲しいのである。しかし、親はほとんどがサインに気づけず、通り過ぎるのである。そして、気づいた時には後悔の思いで一杯のありさまとなる事が激増しているのである。
不要な物を捨てた時、新たな流れとなる (meraina4)
2007年1月4日しぶんぎ座流星群のタイミングまでの時間、種を蒔く時である事は前回伝えた。非常に重要なタイミングであり、この4日までの間、今まで生きてきた人生総てを振り返る程のエネルギーを費やす事である。
悩みは自己解決していく (meraina4)
悩みは自分で生み出しているものであり、自分で解決できるものなのである。誰もが悩みとは外から来るものだと思っている。しかし、自らが招いているものだと理解する事により、解決も早くなるのである。自らが招いていたという事により、悩みに対する思いも変化するのである。
常の生活は自分の未来へのステップ (meraina4)
未来への歩みをスタートするタイミングである。時代の流れに翻弄されず、自分を成長させることに繋がるのである。心にゆとりを持ち、未来への希望を思い描いて行くことである。誰にでも与えられている希望となるのである。
以心伝心で伝える思い (meraina4)
以心伝心という思いを勘違いしている人達が多い。自分は相手のことをよく理解している。相手の人も自分の事をよく理解している。その様に思い込みという勘違いをしていく事が多いのである。しかし、大抵の場合には、相手の人の気持ちは理解できておらず周囲の人達との勘違いとなっていってしまうのである。そこからお互いの心の意識が離れて行き、エネルギーの流れは大きく滞って行くのである。
サブリミナルから子供達を守る 3 (meraina4)
■毎年同じ様な番組が同じ時間帯に編成されている理由 子供達を中心として、コントロールをしていくために、同じ時間帯に毎日番組が放送されている。平日の朝から、幼児番組があり、夕方にも同様の幼児番組が存在している。特に午前中の幼児番組の時間は幼稚園に入園する前に幼児達が見て、幼児でいる事へ安心感を覚える様に誘導されている。そして、幼稚園に入園し、幼稚園の先生の話す通りの言う事を聞く様にコントロールされて行く現状となっている。この午前中の時間帯は、幼稚園、小学校へと繋がっていくのである。集団で、同じ事を先生の合図と共に一斉に行う様に教えられているのである。
未来は自ら築くもの (meraina)
未来とは、決まったレールを歩くことではなく、自らの足で歩んだ道のりの成果なのである。一歩ずつ、着実に歩いていく道のりであり、築いた道のり、経験により、より豊かな未来が待っているのである。自分にしか築けない、自分だけの未来であり、そこには誰も介入してはいけない世界となっているのである。
苦労の後は幸せの扉に繋がる (meraina4)
今の時点において、何故自分は苦労をするのだろう、苦難の日々なのだろうと、感じている場合がある。この苦労をする感覚は、未来の扉に繋がるための準備なのである。ひとつひとつ、準備をしていき、未来に繋げていくのである。
蠍座と一粒の砂達のハーモニー (meraina4)
蠍座のアンタレスは、地球人類ひとりひとりが一粒の砂として未来へ向かう事を祈っている。ひとりひとりが、今目の前にある問題を解決しようと心の底から感じられればの事である。
琴座への橋渡し(七夕) (meraina4)
思い悩んでいる事が多々ある。今の自分を変えたい、今の自分が嫌だ、どうにか変化させて行きたい。人々の思いは様々なのであるが、皆似たり寄ったりなのである。今の生活を維持したい、今の生活を快適にしたい、しかし、苦労は避けたいのである。老後も生活して行ける様に安泰にしたいのである。
琴座からの癒しのハーモニー (meraina4)
琴座は様々な伝説により波紋を広げる弦楽器として伝えられていた。音に繋がる波紋を天の川に伝えていくのである。この事により、人々は無意識の内に、心に癒しのエネルギーを受け取っていけるのである。様々なネガティブなエネルギーが存在する社会生活において、ひとときの癒しの波動が伝えられるのである。ただし、音ではなく波紋として伝えられるために、心の中で受け取る必要がある。
琴座から伝承されて行く波紋 (meraina4)
琴座のリラは天の川の流れにおいて大分調整されている。そのために、地球人類へ伝えられる波紋のエネルギーも安定化して来ているのである。地球人類の思いが落ち着いていくためには、琴座のリラのエネルギーを心で感じる事が大切である。
琴座が伝える心の竪琴 (meraina4)
琴座が伝えているエネルギーの中で、天の川そのものを弦楽器の様にして波動を伝えている。この流れには、癒しのエネルギーがあり、心に活力を伝えるものであり、個々の思いにより伝わるエネルギーが変動するのである。
琴座のリラを響き渡らせる (meraina4)
心の中を真っ白にし、澱みある流れを整えた後、リラの竪琴が響き渡るのである。自分の心の中で作業が出来たのであれば、本来のリラの波動が響きわたるのである。自分の心の中を苦しくとも見つめていき、自分の中に感じられる思いを吹き出させ膿を出し切るのである。自分の何が悪いのか、何が心の癖なのか、自分の思いはどうしたいのか、頭の中が真っ白になり、しばらく放心状態の様になった後、今の自分はどういう状態なのか少しずつ見えてくるのである。
流星群が伝えるメッセージ (meraina4)
夏の夜空を彩る流星群は、見る人の心をぐっと引き寄せていく。南北に大きな流れとなっている天の川とともに流れていくためである。しかし、ただ見て楽しむ、という存在ではなく浄化と雑多なエネルギーを回収、運搬して行く役割なのである。
新たな魂の遺伝子御霊達へ繋いでいく (meraina4)
2006年8月7日までに、新たな魂の遺伝子御霊が目覚めた者、目覚めていない者、それぞれである。この日を境に新たな魂の遺伝子が目覚めている者は、心に軸を持つことが出来る。心にゆとりを持って日々の取り組みが出来るのである。
流星群が過ぎ去りスタートする事 (meraina4)
2006年8月20日朝08時にピークとなった白鳥座流星群であった。流星群が過ぎ去り、それまでの作業が終了したという思いから空虚となる場合が多々ある。しかし、ここからが非常に重要な心の作業となっていくのである。
自らの根底に存在している感性の目覚め (meraina4)
冥王星が格下げとなった今、本来の役割に戻る時となったのである。本来の役割とは、地球人類の祖であるリラの女王と共にリラ星系やそれ以前の黒眼銀河にて共に歩んで来た真実の仲間達の魂の遺伝子御霊の目覚めの事なのである。
持続力を保ち、打ち勝つ勇気を持つ (meraina4)
打ち勝つ勇気とは、自分の心に打ち勝つ勇気を持つという事である。自分を信じる事である。自分の思いはどうしたいのか、常に感じていく事である。日々の生活の中において、ただ惰性で暮らしていくのではなく、自分の気持ちを信じてこれからどうして歩んで行きたいのか、自分の思いが納得をする様に追求をして行く事である。自らの歩みを信じなければ、誰も自分の事を信じる事は出来ないのである。
自らの感情に翻弄される時、憑依に負けないために (meraina4)
自分の気持ちが抑えられなくなる時がある。怒りが爆発しそうな時、悲しみに明け暮れる時、周囲に翻弄されそうな時などである。しかし、総ての原因のひとつは自分の中に存在しているのである。
社会的経験の皆無の教師達に指導された義務教育がベースの世情 (meraina4)
心のデトックスでは、心に纏わる配信をして来た。宇宙観から心の奥に至るまでである。しかし、今の社会を担っている大人達は幼少の頃より偏った歩みとなっており、社会性に乏しくなっている。社会性が乏しいという事は、指導をしていたはずの教師達に社会性が乏しかった事に大きな原因が存在している。
魂の成長に向けて (meraina4)
魂が成長するという事は、沢山の感動する事を心で感じ取り、魂が揺さぶられる様な思いを魂レベルにおいてキャッチする事により、魂の成長となっていく。魂の成長とは、魂レベルにおいての遺伝子が統合もしくは、新たに目覚めていく事を伝えている。そのために、多方面に渡り、感動していける様、心をオープンにしていく事である。
アンドロメダ座が告げる思い (meraina4)
秋が色濃くなり、アンドロメダ座が天頂付近へと位置する時節となる。アンドロメダ座はあらゆる浄化への受付となっているのである。浄化の大きなチャンスとなる季節なのである。今までの一年の成果、実りがここで解るタイミングなのである。実りが成果として何かのタイミングを掴めるのである。
アンドロメダ座への道のり (meraina4)
アンドロメダ座とは、人々が自らのカルマを精算する受付となる星座である。そろそろ、天高く登って来る頃であり、隠し事は意味を成さないタイミングなのである。自らの思いに正直になり、大切なこれからの人生を楽しく歩むための取り組みなのである。
アンドロメダ座と共に (meraina4)
10月21日(15時)は、オリオン座流星群が極大となる。この日までに、今までの思いをクリアーに出来るだけしていく事が可能となる。流星群は、様々なネガティブな思いを回収していくエネルギーを保有している。
オリオン座から引き継がれていくもの (meraina4)
地球人類のほとんどの人はオリオン座を見たことがある。長い月日が経ったとしても、オリオン座はあまり姿を変えないのである。オリオン座は近い位置にそれぞれが存在しており、またこの太陽系も銀河系のオリオンの腕に存在しているためである。
オリオン座に続くエネルギー (meraina4)
オリオン座は人類の住むこの太陽系に重要な関わりがある。未来へと繋がるエネルギーとなっているためである。そして、人々の思いひとつでメビウスの輪の中から抜け出せるか、抜け出せないかも実感出来るのである。人々の思いひとつとは、依存をしていくか、依存から離れるか、だけなのである。自分の足で歩んでいけるという事である。ただそれだけなのである。
おうし座流星群から注がれるエネルギー (meraina4)
今まで過ごして来た生活の中において、自分が辿って来た歩みを振り返ってみる。その中で、気づいた事があれば、浄化に繋がっていく。何かひっかかった自分の思いがあれば、このタイミングにおいて、すっきりとさせていく事である。
おうし座流星群による波動調整 (meraina4)
おうし座の流星群もそろそろ終盤へと向かっている。作業の状態により、自らが手向けているものにより、歩みに変化が訪れる頃である。心の奥深い部分において、自分をみつめ続けた結果の事となる。
子供達に失われた心の信頼関係 (meraina4)
子供達は今、何を信じていいのかわからない。親達は親なりに心配をしているが、子供の気持ちとは大きなズレが生じている。学校社会の中において、もうその場に居たくないという現状が存在しているという事実を親達は理解出来ないで居る。
魂の遺伝子一本化の必要性 (meraina4)
子供達の間では多動症などが増加現象となっている。大人達の間では統合失調症や多動症等が日常的に言われる様になっている。これらは共通して増加しているのであるが、現代が生み出した病気であり異常という事ではない。
分裂している心の問題 (meraina4)
分裂している心の問題とは、多重人格障害の人に関連している事が多い。テレビなどにおいても、様々な特集が組まれ、まるで人が変わった、人格が変わったシーンを放送している。
常に正しい資質を磨いていく (meraina4)
自分にうぬぼれず、本来の役割を思い出していく。人とのふれあいの中において、自分は何をしていくのか、自覚するのである。大切な時間であり、周囲の空気を読みとる訓練にもなる。周囲との大切な時をしっかりとすごしていくのである。
新たな一年に繋がる種を蒔く (meraina4)
種を蒔くという事は、実際に作物として種を蒔くという意味ではなく、心に新たな種を蒔くのである。心に新たな種を蒔く事により、来年の収穫の時までに新たな循環を作っていくのである。今までの自分から新たな自分を生み出していく、心の種を蒔くのである。
心に吹きすさぶ風を穏やかな春風に (meraina4)
仕事をしていて、仕事に対しての充足感などはある。しかし、時の流れの中において、自分のプライベートな時間の時、何もない自分に気が付く。一体自分は何をしたいのか、これからどうすればいいのか、このままで良いのか。
自分の心に正直に、思いの美化は不要 (meraina4)
自分を正面から見つめていく。この作業は以前より伝えている。しかしながら、自分の過去を振り返り、その思いをいつの間にか美化している人達が存在している。自分の自信に繋がる思いを持ちたかったのである。それは自分に自信が無いという現れなのであり、自分を等身大で見つめていないのである。
他と比較している自分に気づく重要性 (meraina4)
自分自身の道のりを歩む人は、他とは比較したりしないのである。 他と比較する必要が無いためである。自分自身の道のりをひたすら歩む中において、自分に負けない様に打ち勝つ作業を続けているからなのである。そして、自分自身の信じる道のりを未来に向かい歩んでいくのである。自分独自のビジョンがあり、それを信じて歩んでいるという事になる。
執念ではない自分を信じる心を貫く (meraina4)
自分の心にひとつの自分を信じる心を持つ。ぐらつかない、根底からの自分を信じる心となる。何事にも屈しない、左右されない心の軸の事である。物事だけではなく、人からも同様に左右されない事なのである。そして、人として周囲をコントロールをしていく事は天法違反となる行為なのであり、人として、そこに翻弄されない強い意志を持つ事である。
人々の都合主義 (meraina4)
周囲の人達との間において、自分にとり、気持ちの良い空気が流れている時は、周囲の人達と表向きにしても同調をしている。周囲の人達と共に、未来へ歩めると思っているのである。
こころの絆に依存をしない (meraina4)
心の絆を魂レベルにて、感じる人がいる。しかし、いつの頃からなのか、どこに何を感じるのか解らない場合もある。自分にはどうして良いのか、判断が出来ない場合もあるのである。そこには相手に依存をしてきた残骸が残っているためである。そこに気づいた自分の方には、依存を断ち切る事が出来るのである。先に気づいた者が依存をきれいに断ち切れるのである。
とっさの判断力を身につける (meraina4)
自分の気持ちに正直に、自分の直感による判断力を身につけていく。日々の経験と訓練により、判断していけるものと、天性の感覚の双方からの判断力による。非常に重要なことであり、未来へ大きく繋げて行く、繋がっていくために重要なこととなっていくのである。
心の声に自ら切り込みを入れる時 (meraina4)
心の声を聞いてみる時、自分自身に甘えにより、深さが持てない時、自らの覚悟と決意により心の声に切り込みを入れていく。切り込みとは、魂の遺伝子を傷つけるという意味ではなく、心に被われているプロテクトを外すという作業の事である。
心に荒療治 (meraina4)
自分の心に甘えがあり、その癖が治せない。自分で何とかしていると思い込み、しかし何も進んでいない。少しずつでも未来へ向かい、歩んでいると思い込んでいる。その様な思いの中では、時は進まないのである。
やる気の出ない理由 (meraina4)
桜の咲く頃、やる気の出ない人、混乱する人が増える。電車を乗り間違える、いつも歩いていた道を間違える、待ち合わせを忘れる等 日常的な普段出来る事が出来なくなる。
出来無いという思いを克服 (meraina4)
誰にでも、得手不得手はある。しかし、例え不得手にしても出来無いという事ではないのである。出来無いという事は自らで、心をブロックし、出来無いと思い込んでいるのである。不器用でも練習を積み重ねていくうちにある程度までは出来るはずなのである。物理的な面において無理な場合はあり得るが、大抵の場合には、自分自身で心にブレーキをし、ブロックしているのである。
将来の安泰を望む心の声 (meraina4)
人々は、心の中において、安泰な未来を望んでいる。平和な世の中をという事であるが、自分自身の未来が安泰であれば良いと思っているのである。殆どの人達は、とりあえず生活して行ければ良いと望み、家族で平和に過ごしていければと望んでいる。
無我なるものをあるがままに無我とみる智慧 (meraina4)
あるがままの姿をそのまま素直に受け入れていく。自分の中において、あるがままに受け入れ、身体や心にて疑いを持たない。それは知識ではなく、身体でうなずく事でもある。日々の生活の中において、前向きに捉え、生きていく智慧でもある。
自分自身を偽らない、嘘で誤魔化さない (meraina4)
自分自身に対して、嘘で塗り固めない事である。嘘により自分自身を美化し、そこから未来への扉を閉ざしてしまうのである。自分自身を良く見せようとし、ひとつの嘘をついてしまうと、そこから嘘の塗り重ねが始まってしまう。
形だけの懺悔は反省にならない (meraina4)
自分の心の弱さを隠すために、懺悔をする。懺悔をして、自分の気持ちを正直に伝えるという事により、許されると思い込みをしているのである。正直に話すという事は大切である。しかし、その行為が負のカルマの解除には直結していないのである。そこを勘違いをしてはならないのである。
日々のタイミングを逃さない (meraina4)
毎日の生活をしていく上において、あらゆるシーンにおいて、お知らせを逃さない事が重要である。それは、お金では買えない価値がある生涯の宝となりえるお知らせであり、今解決をしていく事により、将来への流れがスムーズになって行くのである。
自分ひとりで見出す重要性 (meraina4)
自分の将来は、自分で切り開いて行く。誰かに示唆されて、歩むのではない。誰かに示唆されて歩むのでは、その相手のコントロール下に存在する事にもなる。もし今までに、誰かに示唆され、その道のりを歩んだのであれば、すべての縁を断ち切ることにより、コントロールから離脱でき、自分本来の歩みとなれるのである。
家族の絆が育てる魂の心 (meraina4)
心の絆は、文字からも感覚的に人々には感じられる。心を通わせ、心で感じあい、家族の愛情をそれぞれが感じることが出来るからである。しかし、魂の心といえる魂レベルの感覚は、解りづらい感覚でもある。魂の心とは、原初レベルの魂の遺伝子の思いだからである。「湧き起こる思い」とも言えるのである。
自分だけの文明開化 (meraina4)
自分だけの世界観を大切にする。自分の個性を大切にしていくのである。ここから世界に羽ばたくという世界観となるのである。未来への道筋は、自らが切り開いて行くのである。そこには誰も、どんな存在も介入しない。
心のアーティスト (meraina4)
自分の心にこだわりを持つ。自分だけのオリジナルに繋がる、自分らしさを表現する個性を持つ。どんなことでも良い、未来に人々と分かち合って行けるのであれば。自分自身にプラスになり、周囲の人達にもプラスになる事。未来に出会うであろう人達と、相乗の効果がもたらせる事。そのすばらしさが、心から、魂レベルで解る事。
心に元気の息吹を持つ (meraina4)
仕事場へ通勤をしていく時や、帰宅する際の電車の中にいる際に、沈む思いを感じる事が多い経験をしている人は多い。人々の表情が疲れているためである。疲労しているために、人々には、元気の息吹が感じられず、疲労していう表情が周囲にも伝心されてしまいやすくなる。
思いを吐き出す勇気を持つ (meraina4)
思いを吐き出すことが、自分の罪を認める姿に値する。その際に、隠せばその罪を大きくする。自分自身の本質をみつめよう、みつめるということをしようとせず、人々は、自分の心をみつめることに抵抗を感じることが多い。
一粒の砂から一輪の花へ (meraina4)
周囲の人達に依存をしない、自分の事は自分で実行をしていくという一粒の砂となる。そして、そこから自分だけのオリジナリティを活かした一輪の花となる。様々な思いの中において、自分がどうしたいのか、どうしていきたいのかを明確にしていく事により、自分だけの世界観が広がって行くのである。
話し言葉と心の声 (meraina4)
日常的に周囲の人達と会話をする際、周囲の人達に話を合わせている自分が存在している。周囲の人達との会話に本音を言えなくなっている部分も多々あるのである。誰もが日々の生活の中において、生活をしていく上で、無意識下にでも、本音は言わなくなっているのである。そして、話し言葉により心の中の思いと異なる思いを伝えているのである
苦労の後は幸せの扉に繋がる (meraina4)
今の時点において、何故自分は苦労をするのだろう、苦難の日々なのだろうと、感じている場合がある。この苦労をする感覚は、未来の扉に繋がるための準備なのである。ひとつひとつ、準備をしていき、未来に繋げていくのである。
新規登録
モバイル版 QRコード
ブロくるモバイル版
ブロくるは携帯でも更新できます。
左のQRコードを携帯で読み取って、今すぐアクセスしてみよう!
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top
テンプレート
cherry blossoms2 足跡 クローバー 旅行
テンプレート一覧を見る
困ったときは
ヘルプ
よくある質問
お問い合わせ
マークの説明 18歳未満閲覧禁止マーク定期購読課金マーク都度課金マーク閲覧推奨年齢指定マークお絵かきマークくる天会員限定マーク
スタッフブログ
ブロくるサイトリニューアル!
ブロくるが見やすく使いやすくなりました!
お絵描き機能バージョンアップ
レイヤー対応、トーン貼り対応!!!
【ブロくるへのご意見】はこちら
ご意見・ご感想お待ちしております。
【モバイル版】課金記事投稿対応
携帯からも課金記事が投稿できます!
クレジットカード決済代行はテレコムペイメント
CTI・Webシステム開発はイーステム
あなたもくるくる天街で働いてみませんか?
無料お絵かきブログ