くる天トップ -  お絵かきブログ。無料お絵描きブログ。課金ブログ作成。ブログで儲ける。

ヘルプ
無料お絵かきブログ
無料お絵かきブログ ブロくるby くるくる天街   課金ブログを作ろう!プレミアムブログ  
 
占いシステム開発】 電話占い取り次ぎ業務、占い師の管理、給与管理の業務効率化。コスト削減、回転率UP・売上UP。サービス向上にもご協力させて頂きます。
美容・健康 - 美容  
 
共通テーマ顔のたるみ
説明顔のたるみに関しての情報です。
顔のたるみとその仕組みとは? (よっぴー)
年齢を重ねるにつれて顔のたるみと言うのはどうしても気になってきますよね。顔のたるみと言うのは筋肉がゆがんで起こっているものです。みなさんは顔のたるみ対策と言うのは何かしているのでしょうか? 今からやっても遅くはないので、お手入れは大切です。 顔のたるみの仕組みと言うのは、顔にはさまざまな筋肉があり、それが表情を作っています。総称して「表情筋」というのですが顔には表情筋が40種類以上も存在していて顔全体に張り巡らされているのです。 年齢とともに真皮層にあるコラーゲン、エラスチンなどの成分が少しずつなくなってきます。無くなって来ると顔のハリが失われてきます。この「ハリ」が失われてくると、表情筋を支える力が無くなり、表情筋がダラリと垂れ下がってきてしまうという事になるわけです。また年齢を重ねてくると顔の筋肉そのものが少しずつ少しずつたるんできてしまうのです。これが一般的に「たるみ」と呼ばれているものになります。 その顔にできたたるみに「折じわ」が出来てしまうと「しわ」になってしまいます。 また、コラーゲンとエラスチンは加齢によって自然と減少してくるものなのですが、だからと言って若い方も油断してはいけません。これらの成分は紫外線でも破壊されていることがとても多いのです。若い方で外に出る機会が多い方は特に気をつけたほうがいいかもしれませんね。 また、皮下脂肪の重みに、筋肉や皮膚が耐えられなくなってしまうために、たるみというのは起こります。よって太る事により顔のたるみというのは発生してきてしまうのです。 それとは逆に、太っていた人が急激に痩せてしまうと皮膚が余ってたるんでしまうというのもあります。 ですので、急激にダイエットをして体重を減らすと言うのはあまりお勧めしません。 何事もやはりバランスが大切ですよね。
顔のたるみのケアは? (よっぴー)
顔のたるみはある意味自然現象なので仕方のないことですが、嫌なものですよね。そこで顔の筋肉をストレッチさせてケアをすることが出来ます。表情筋も腹筋みたいな身体の筋肉同様、鍛えると発達します。表情筋を衰えさせないために、マメに顔のストレッチを、行い筋肉を活性化させるようにしましょうそうすると顔のたるみを防ぐことが出来るかもしれません。 毛細血管など肌の細部まで栄養をいきわたらせて、新陳代謝を活発にするのにはストレッチなど適度な運動をすることが大切です。 また、ストレッチのような外部からのケアだけでなく、コラーゲンの生成に必要なビタミンC、血行促進のビタミンEなどを摂取するようにコラーゲンが配合されたサプリなどを飲んで体の内部からのケアをするのもお勧めです。 顔のたるみというのは、劇的にすぐ効果が現れると言うものでもないので、毎日のケアをしっかり行いコツコツ続けていけば効果は確実に現れると思います。 忘れないで欲しいのは、毎朝のUVカットです。 また、アンチエイジング用品などの化粧品類は、肌の余分な水分を排出、脂肪組織を減少させながら皮膚の細胞を活発化させるという働きをさせますが、そのために「カフェイン」が多く配合されています。 こういうのを使用しているだけではやはり「根本」からの解消にはいたりませんよね。 ですので、毎日のストレッチ、サプリなどの内部からの補充、UVカット、保湿などを徹底させて今以上悪化させないようにしましょう☆
顔のたるみに関する情報 (よっぴー)
仕方ないとおもいつつもどうにかならないかと顔のたるみが気になりますよね〜。 年齢と共に肌の弾力や機能が衰えてきて現れてくる顔のたるみ!肌同士をくっつけているコラーゲン、弾力の元となっているエラスチン、乾燥を防いでいるヒアルロンサンなどの量が加齢とともに減ってくると、表情筋の働きが弱まったり新陳代謝が悪くなったりしてきます。顔のたるみの原因はここにあると言われています。 寝起きの顔に枕のあとがしっかり付いていて、なかなか消えないなんて経験したことありませんか? 例えばガットがピンと張られているテニスラケットでボールを打つと勢いよく跳ね返りますよね。でもガットがたるんでくるとボールの跳ね返りは弱まってしまいます。顔のたるみの構造はまさにこういう事なのです。弾力(ハリ)が無くなりたるんできます。 コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を多く摂る事から始めて、若さの秘訣を得て顔のたるみを防ぎましょう。 【顔のたるみ防止法1】 肉や魚の骨、軟骨、皮、内臓などプルプルしているところにコラーゲンは多く含まれています。食事からの補給方法が一番いいのですが大変だと言う方はサプリメントで補うこともいいと思います。 【顔のたるみ防止法2】 牛すじ肉や手羽先、軟骨、煮魚などに多く含まれているのがエラスチンです。なるべく夜間に取ると効果が高いと言われています。 【顔のたるみ防止法3】 ふかひれスープや手羽などにヒアルロン酸は多く含まれています。壊されて細胞を修復していく働きがあるのがヒアルロン酸です。また今ではサプリメントや化粧水などからも摂取することが出来ます。 まず大切なことはいろいろ気をつけてじっくり続けてみることですね。
目の下のたるみについて (よっぴー)
目の下のたるみって気になりますよね〜、しかたないかと諦めがちになりますが・・・。 加齢とともに現れてくるもの、それが顔のたるみです。 でも、皆たるんでいませんよね?たるんでいる人、たるまない人がいますよね。顔の中で一番早くたるみが出てくるのが「目元」です。 目の下がたるんでくると、老けて見えがちですし目に力がなくなっているような気がして覇気がない感じがしますよね。 疲れでたるんだり、たるんでいる部分が盛り上がって目がくぼんで見えたりとたるみにも色々ありますよね。 目のたるみを改善させるには、マッサージ、たいそう、治療、美容外科などがありますがいったいどれがいいんでしょうね? 目の下のたるみを取るのに一般的なケアの方法としてはマッサージが上げられます。目の下のマッサージをすることで血行がよくなるので、しっかり地道にやっていけばクマもたるみも改善していくことだと思います。 化粧品でケアするのもいいと思いますが、どちらにしても毎日のケアがかかせないと思います。 また毎日マッサージをしなければというと、ついついサボりがちになってしまいますよね。ですので鏡を見た瞬間に目元を少し確認してみたり、TV見ながらマッサージしたりするのがいいと思います。「ながら」マッサージですね。 しかし、目のマッサージをしてみると案外目の下って凝っているんだなって思います。寝不足気味の人、パソコンなどずっと見ていて目を酷使している人などに多いように思えます。 それと、美顔器もいいかもしれません。特に超音波美顔器などがいいかもしれませんね。合わせてバランスのよい食事を心がけること!それも目の下のたるみを取るのに効果的だと思いますよ。 目の下のたるみについてはこんな感じです、調べてみると色んなことがあるのですね、是非試してみてくださいね。
毛穴のたるみについて (よっぴー)
女性には大変に興味深い毛穴のたるみについてですが、もっと詳しく調べてみましょう。 毛穴というのは鏡を見るたびに嫌でも目に飛び込んでくる嫌なやつですよね。洗顔もきちんとやっているし、毛穴シートなど定期的に大掃除しているというのに、気が付くと小鼻の周りに毛穴の黒ずみが見つかったりして・・・ 顔のケアというと、乾燥、シワ、ニキビ、テカリなど色々なケアがありますが、一番難しいのが毛穴の悩みかもしれませんね。 年齢を重ねるにつれて、コラーゲンが失われてきたり、肌の弾力が失われてきたり、頬の皮膚が重力に負けて下に下がってくる状態になってきますよね。そのときに毛穴が引っ張られ、毛穴が広がった状態になるのが「たるみ毛穴」です。小鼻、小鼻脇の頬から毛穴がしずく状にたるんでいく状態の事を指します。たるんだ毛穴を見るとシワのように見えてしまったりもします。 また、新陳代謝が悪くなることからターンオーバーの周期もだんだんと遅くなってきて古い角質が剥がれにくくなってきます。そのために皮膚が厚くなって硬くなってきます。これもたるみの原因となります。 毛穴がたるみのせいで目立ってしまうのは、潤い不足とハリを失ったことによる肌細胞の萎縮のせいです。ですので、肌細胞を潤わせ、きめを整えハリを取り戻しふっくらさせることで毛穴を目立たなくさせることができるということです。 一番大事なのは何よりも「保湿」です。洗顔後は皮脂も洗い流されている状態なので、すぐに化粧水などで保湿をしたりマスクやパックなどでスペシャル保湿をしたりと定期的なケアを心がけるようにした方がいいと思います。 以上、毛穴のたるみについてについてです、保湿が大事、是非一度試してみてくださいね。
顔のたるみ解消法その2 (よっぴー)
顔のたるみを解消についてくわしいことを調べてみました、参考にしてください。 顔のたるみを解消するためには、表情筋という顔の筋肉を使うことが一番有効的だと思います。そこで顔のたるみ解消体操というものをご紹介したいと思いますので参考にしてみてくださいね。 顔のたるみというのがどういう場合にできるかと言うと、 1.表情筋を使わない事 2.コラーゲンの減少 3.ヒアルロン酸の減少 4.新陳代謝の低下 などが原因で起こるといわれています。 1.の表情筋を使わないことはエクササイズをするなどして対処できるので言いとして、その他の3つをどうにかしなければなりません。 「コラーゲン」ですが、これは加齢現象によって起こることなので完全に防止するのは出来ないですよね。日ごろストレスがたまっている人などに加齢現象というのが現れやすいので極力ストレスをためないようにしてください。 また、コラーゲンは食べ物のほかに粉末、飲料などからも摂取できます。 次にヒアルロン酸ですが、これも完全にたるみに対しての防止策にはなりません。このヒアルロン酸の減少もコラーゲン同様加齢減少の一つとなっているからです。産まれたての赤ちゃんのヒアルロン酸の量は成人の2倍はあると言われていますので、どれだけ減少していっているのかが分かりますよね。それに伴い最近ではヒアルロン酸配合の化粧品などが多く発売されていますので注目です。 次に新陳代謝ですが、これは規則正しく生活することでホルモンバランスを崩さないようにすることで改善できると思います。食事の方から改善するには緑黄色野菜やレバーなどがいいそうです。またストレスをためすぎない健康的な生活をすることが最善のたるみ防止に繋がるのではないかと思います。 以上が顔のたるみ解消法についての詳細です。いろんな原因が沢山ありますよね、気をつけていきましょうね。
顔のたるみ解消方法! (よっぴー)
女性は関心が高い顔のたるみですが、顔のたるみを解消についてもっと詳しく調べてみましょう。 顔のたるみで悩んでいる方は結構多いと思います。顔のたるみが解消すると10歳は若く見えると思います。その顔のたるみに効果的な運動やマッサージをここではご紹介したいと思います。 何故顔にはたるみが出来てしまうのでしょうか?実は「表情筋」というものを使ってないからたるんでしまうのです。「表情筋」とは表情を作る役割をしている筋肉で顔の骨と皮膚を結んで動かしています。でも普段の生活の中ではこの表情筋を30%位しか使っていないのです。この状態が続いてしまうと顔にたるみが出来やすくなってしまいます。逆を言うと表情筋を出来る限り使うことで顔のたるみを解消することができるということになります。 ここで頬のたるみを解消するエクササイズをご紹介します。 1.右側の頬と口角を引き上げ一秒間そのままにします。 2.左側の頬と口角を引き上げ一秒間そのままにします。 3.右→左→右・・・と交互に繰り返していき、左右10回ずつ計20回行います。 このエクササイズを最低一ヶ月は毎日行ってみてください。頬のたるみがすっきりしてくるはずです。 あと、注意することと言えば物を話すときに口を開けないで喋るよりはしっかり口を開けて発音するだけでも表情筋が使われてくるので効果があると思います。 上記のように、生活のなかででも「表情筋」を意識して行くことで顔のたるみが解消されてくるのです。さぁあなたも頑張ってエクササイズをしてたるみを解消して行きましょう。顔のたるみ解消はあなたの気持ち一つですよ。 顔のたるみを解消、これはやりがいがあるかもです、是非取り組んでみてくださいね。
エステで顔のたるみ解消! (よっぴー)
女性にとってすっごく大事なことですよね、顔のたるみ。なんとかしたいものです。 顔のたるみは年齢を重ねるにつれてどんどん気になってきますよね。継続的にマッサージやケアを続けるのがいいというのは分かっているのですがついついサボりがちに・・・。早く顔のたるみを解消したい。毎日やっていてもなかなかたるみが消えない。そういう人のために速効性がある解消法といえばなんと言ってもエステかもしれません。 例えば小顔のためのマッサージがベースになった顔ダイエット技術の「フェイススリム」は多くのハリウッドスターに支持されているマッサージで、『エステティック ミスパリ』が日本で初めて導入したマッサージです。これは速効性や集中美容の頂点となっているものです。 この「フェイススリム」というマッサージは血液を顔に流れやすくするように胸元からのコリを解消していきます。筋肉やリンパの流れに沿って刺激を与えて老廃物を流し、顔についてしまった脂肪を燃焼させやすくします。そこから骨格に沿ってたるみを引き上げるというマッサージ方法です。 このマッサージを受けると初回から効果を実感することが可能です。ですので速効性を求める方なら顔のハリや弾力をすぐ取り戻すことが出来ると思いますよ。 しかし金額もかさんでいくのであくまでもお金に余裕があったらという程度にしておいたほうがいいと思います。 でもエステでたるみも解消され、肌もつるつるになるのなら是非にやりたいですよね。 でも何事も継続ですのでお忘れないようにケアも頑張ってくださいね。 これはやりがいがあるかもです、エステで顔のたるみを解消、是非取り組んでみてくださいね。
マッサージで顔のたるみを解消! (よっぴー)
女性には大変に興味深い顔のたるみですが、マッサージで顔のたるみを解消でいる方法をもっと詳しく調べてみましょう。 リンパマッサージで顔のたるみ解消+肌の潤いを取り戻しましょう! リンパマッサージとは身体の中にある不用物を身体の外に運び出し、押し出してくれる下水道のような働きをしています。ですからリンパマッサージをすると顔がすっきりしてきます。顔のたるみを解消するにはリンパ液の流れを促進させるリンパマッサージをお勧めしたいと思います。 このリンパマッサージを行うときですが、優しく行ってください。イメージは強くて痛いという感じがありますが軽くで大丈夫です。指は中指か薬指を使って、基本的に上から下へと流すように軽く流してください。 以下にリンパマッサージの手順を記述します。 【下準備】 化粧を落とし、顔を暖めておく 蒸しタオルを顔に当てて暖められればいいです。 【マッサージ】 1.こめかみに人差し指を当てて鼻先に向けて軽くマッサージしてください。(10〜20回) 2.1.の手順を最初にあてる場所をこめかみ→頬骨→頬→あごの順番で同じようにマッサージしてください。   自然な速さで流してください。ゆっくりすぎても早すぎても駄目です。これを行うとリンパ液や血液がスムーズに流れるようになりたるみを解消方向に向かわせることが出来ます。 3.出来ればでいいのですが、ヒアルロン酸やコラーゲンをマッサージ後に摂取するとより効果的です。    上記のマッサージを最低3ヶ月ほど試してみてください。効果は確実に現れてくると思いますよ。 頑張って顔のたるみの悩みとはさよならしましょう。 面白い情報がいっぱいですね。マッサージで顔のたるみを解消はやりがいがあるかもです、是非取り組んでみてくださいね。
顔のたるみについての知識 (よっぴー)
顔のたるみ気になりますよね〜、しかたないかと諦めがちになりますが・・・。 歯並びを矯正している人って結構いっぱいいますよね。あれってお金がかかる上に痛いんですよね〜・・・。 とはいってもきれいになりたいですからね。ガマンガマンです! 歯列矯正中は歯並びが徐々に変わっていきますので噛み合わせもうまくいかなかったりして、食べ物をうまく食べることが出来なくなります。歯磨きも丁寧にやらないとすぐ歯垢がたまって虫歯になりやすくなります。矯正は最低でも2年程かかりますよね。その歯列矯正って矯正器具をつけて2年程かけて歯並びを治していきますので噛みづらくなったり、あごや口の力が弱まってきたりします。そうなると顔のライン的に頬骨のライン口角の両脇のラインが下がってきます。 さらに、口元に力が入りにくくなるためのどの皮膚のハリが弱くなってきます。そうなると下あごが出てきたりするそうです。そりゃそうですよね。大事にするが故に動かさなくなるのですから。ですからそんな時こそたるんだりゆがんだりしないように顔のたるみのケアが必要になってくるわけです。 そこで、歯列矯正中は特に口の周りの筋肉を鍛えることが大事になってくると思います。ストレッチやマッサージなどで鍛えることもいいですが、ちょっとお金に余裕があったら「バタカラ」という口の周りの筋肉を鍛えるトレーニング道具を購入して使ってみてください。5000円程度で手に入ると思います。 歯列矯正中だからと言って手を抜かず、美のために頑張って鍛えてたるみのない顔にしていきましょう。 あまりお金をかけずにとりくみたいものですね、少しずつチャレンジしてみてくださいね。
なぜ目の下はたるむの? (よっぴー)
女性の話題はいつも美容が多いですね。特にたるみについてはみんな悩みますよね。     目の下にたるみが出来始めると、実年齢より老けて見えたり、疲れて見えたりしますよね。まだ20代なのに初めて会った人に30代に見られてしまったなんて事はよく聞く話ですよね。それだけ目の印象って大事なんだって思います。 目の下のたるみはいつから始まるのでしょうか?だいたい20代の頃から始まってきています。意外ですよね?20代の時は何もしなくても肌はすべすべだし、ちょっと寝不足気味だからってクマもできにくいし、お化粧ののりもいいしって感じなのに。 しかし、これが危ないのです!若いからと過信せずに今からできることを徐々にでいいのでやっていきましょう。 それで全然違った30代が迎えられるかもしれませんよ。 目の下のたるみというのは、過剰脂肪により皮膚が余り、目の下が腫れて見える事を指しているそうです。まぁ人間年を取っていけばいたしかたない事なのでしょうが、本当に年齢だけが目の下のたるみの原因なのでしょうか?予防、改善は出来ないのでしょうか? まず目がたるむ原因を調べてみましょう。原因として主たるものは加齢によるものだそうです。加齢にともない筋肉が衰えて来ます。目の周りの筋肉も例外ではありません。そうなると眼球を支えきれなくなりその眼球が目の下の脂肪を押し出す形でそれがたるみとなるのです。 また、目を守ろうとする機能が目の下に脂肪をつけるのでそれも原因の一つとなります。 皆が皆、脂肪が付くわけではありませんが、脂肪が付きやすい人、付きにくい人で変わってくるので個人個人の体質も大いに関わってくるところだと思います 結果をだすのはなかなか難しいですが目の下はたるみの原因を知って、まずは小さいことからコツコツはじめましょうね。
目の下のたるみを美容整形で (よっぴー)
仕方ないとおもいつつもどうにかならないかと目の下のたるみが気になる。美容整形で解消しようかと思うけど大丈夫かな? 目の下のたるみというと老けて見えがちになりますよね。目の下がたるむ原因にメイクもあるんです。知っていましたか? 化粧品は油分が多く、イソパラフィンが皮膚の細胞に絡みつき、重くなり、目の下が下がってきてたるむという図式になっています。ですので、化粧を落とさないで眠ったりして肌の手入れを怠ければ怠けるほど目の下のたるみが悪化しやすくなる場合もあります(必ずなるとは限りません)。 毎日のケアでたるみを取るのは面倒だという人、今すぐたるみを取りたいという人には美容整形という手段があります。 美容整形外科で過剰脂肪部分を除去することでたるみを簡単に取り除くことが出来るというわけです。 その美容整形の手法は大きく分けて二つありますのでご紹介します。 【切開法】 メスを使って目の下のたるみを取る方法です。この手法を使って緩んだ筋肉のハリを戻します。更に余った皮膚を切り取ります。切開場所はマツゲの生え際に近いところで切開するので目立ちません。切開した後は脂肪を切除し、余った皮膚を切除、縫合します。 全てのたるみに使うわけではなくてたるみがものすごい場合に効果がある方法となっています。 【レーザー法】 下まぶたの裏側の皮膚からレーザーで皮下脂肪を除去し、たるみやふくらみやくまなどを除去する方法です。裏側から処理するので傷跡が目立つことはありません。その点からも切開法よりレーザー法を使った場合が多いようです。 費用は大体20〜30万円前後だと思いますが、クリニックによって違いますので確認してみてくださいね。 したかがないですが、あまりお金をかけずにとりくみたいものですね。まだまだ知らなかったことも沢山あります、しっかりリサーチしてかにらしてくださいね。
目の下のたるみをメソセラピーで解消! (よっぴー)
一度は試してみたい部分やせメソセラピーですがあなたは挑戦してみましたか? 目の下のたるみなんかを部分やせしたいものです。 目の下のたるみを解消する方法として、メソセラピーという部分やせに効果がある方法が、効果あると言われています。ではメソセラピーというのはいったいどういう物なのでしょうか? メソセラピーとは、フランスで開発された物でメスを使わずに脂肪溶解注射を使い脂肪を使って部分やせを実現する脂肪除去方法の事です。目の下のたるみは過剰脂肪ですのでこの方法も効果があるとされています。 美容整形外科の大半ではメソセラピーを取り入れてはいるみたいですが、目の下のたるみ取りの方法として紹介はされていなく、部分やせの方法として紹介されています。切開法やレーザー法など目にメスやレーザーを使うと言うのが怖いと言う方が多くいらっしゃるみたいですね。もちろんメソセラピーも注射ですので同じように怖がってできないと言う方も多いのではないかと思います。 目の下のたるみの他に、おなかや太もも、身体全体がたるんでくるなど悩みはつきません。お腹周りや二の腕などのたるみに関してはエクササイズなどを継続的にしていくことで多少解消することが出来ました。ですので、目の下のたるみもエクササイズをすれば解消するのではないかと考えますよね。あればいいのですが・・・。と思って探してみました。 方法としては 1.化粧を落とします。(お風呂上りに行うとより効果的です) 2.目の下のたるみ部分をマッサージします。 これは新陳代謝を上げる必要があるため、マッサージした方がいいのではないかという事です。腰周りや二の腕のように直接筋肉を鍛えたりするものではないので、エクササイズというよりはマッサージと言ったほうがいいかもしれませんね。 面白い情報がいっぱいですね、活用してみてくださいね。
肌のたるみがよく分かるポイント (よっぴー)
女性には大変に興味深い肌のたるみですが、肌のたるみがよく分かるポイントについてもっと詳しく調べてみましょう。 自分の顔を見る時って鏡を使って見ますよね。そうです。自分の顔を直接見ると言うことは出来ないのです。 鏡をみるタイミングなので毎日の朝晩の顔のお手入れの時や、お手洗いに行ったとき、ショーウィンドウに映ったときなどして自分の顔を見る機会というのは結構あると思いますが、大半は正面から見ているということになります。しかもそういう時は作っていると言うか、意識をしているので選りすぐりの顔を見ていることになります。 しかし、普段の自分の顔を見る時は大抵他人から見られている時と言うことになります。正面よりは圧倒的に横顔を見られている場合がおおいでしょう。しかも、その横顔と言うのは見た目の年齢がばっちり現れるポイントがたくさんあるので注意が必要です。 横顔と言うのは正面から見ている以上に、肌サインが表れます。目じりに出来た小さなシミやアイメイクの乱れ、また今までなかった場所にシワが出来ているのを発見したり、ハリが思っている以上に無くなっていたり、頬がたるんでブルドック現象になっていたりと、肌のたるみ具合やトラブルがかなり発見できるポイントが横顔なのです。 こうなるともう大変です!「こんなのは無かった」「見なかった事にしよう」なんて現実逃避もしたくなるとこですが、せっかく気づいたんですから今からケアして昔の肌を取り戻し、肌トラブルが無い素敵な肌を目指しましょう。 さぁあなたも今すぐ鏡を持ってきて横顔チェックしてみましょう。 以上が肌のたるみがよく分かるポイントについての詳細です。以外なことが沢山ありますよね。
顔のたるみと二重アゴ (よっぴー)
顔のたるみと二重アゴが、お手軽に痩せれるならやってみたいと一度は思う 鏡をふと見た時、なぜか自分の顔の輪郭がぼやけていたりしませんか?よーく見るとアゴのラインが二重になってたりして・・・。そんな自分の顔を見てショック受けた経験はありませんか?よーくみてみるとアゴの下のお肉がたぷたぷと・・・。「え?何で?ついこの前までこんなことなかったのに・・・。」なんて頭が???だらけになりますよね。体重が増えた訳でもないのにお肉がたぷついてる・・・。この理由は他でもない「肌のたるみ」です! 二重アゴになる原因としては以下のような事が考えられます。 【実際に太った】 太ると頬やアゴの部分にお肉が付き、骨格によってはどうしても二重アゴになってしまうと言う人がいます。若い人の場合は肌そのものにハリがあるために太って二重アゴになったとしてもポチャッとして見えるくらいなので、むしろ愛嬌があってよい感じに見えますよね。 でも問題なのはアゴを引いた状態で戻した時、シワがもし戻らないようなら年齢を重ねて肌がたるんできた時にそのままお肉がついてしまってフェイスラインが崩れてしまうでしょう。そういうのは嫌ですよね。 【肌のたるみ】 体重は変わっていないのに二重アゴに・・・。そういう場合は肌自身がたるんできている証拠だと思います。そうなったら危ないです。たるみはアゴの部分だけでなく身体全体がたるんできている状態になっています。 女性の脂肪は流動脂肪なので、流れやすく崩れやすく出来ています。胸のお肉は二の腕は背中に流れたり、お尻のお肉は太ももに流れたりしてメリハリのないボテッとしたボディラインになっています。 年齢のせいだと諦めないでください。身体は下着や洋服をきにかけてケアを欠かさずに行って努力すれば戻すことも可能なのです。 以上が顔のたるみと二重アゴの原因についての詳細です。以外なことが沢山ありますよね。
二重アゴから顔のたるみがわかるの? (よっぴー)
仕方ないとおもいつつもどうにもならない二重アゴから顔のたるみが気になる。 肌がたるんでいるなって感じたら、もはやたるんでいると感じた場所だけではなく身体全体がたるんでいると言ってもいいでしょう。 例えばですが、目じりが下がってきたような気がする。頬のあたりの毛穴が目立ってきたような気がする。ファンデーションがほうれい線にたまる。目の下のたるみを感じる。口角のあたりが下がってきているなどさまざまな箇所でたるみ現象が感じられるはずです。 ですので、二重アゴもその延長上にあると言ってもいいかもしれませんね。 鏡を見てなんとなく自分の顔の輪郭がぼやけているなって感じたら要注意ですよ。 身体がたるんできたら下着などで矯正、補正するなどして予防や解消をすることができますが、顔には下着はつけられませんよね。何もできないのでしょうか?顔のたるみというと洋服に例えてみるならお気に入りの洋服を着込んでついた「よれ」のようなものだと思います。洗濯後、適当に干してというのを繰り返していると繊維が徐々にくたびれてきてへんなシワが出来たりしますよね。でも丁寧に扱って整えれば長持ちはするものです。肌も同じだと思います。 では何故肌はたるんでくるのでしょうか? まず一つに上げられるのは肌内部にあるコラーゲンが破壊されていると言うことです。 紫外線、ストレス、加齢などによりコラーゲンが徐々に失われてきます。コラーゲンとは肌のハリや弾力を担っているものです。そのコラーゲンが失われてくると弾力がなくなってくるので押された力を元に戻すことが出来なくなってきます。コラーゲンと言うのは真皮の大半を占めていますので破壊されてしまうとターンオーバーとかで新たに生まれてきた肌もひ弱なものになってしまい、更にハリや弾力が失われる結果になります。 次に上げられるのが、筋肉の衰えです。筋力と言うのは肌にも必要なもので表情筋を鍛えなければ衰えてきて、重力に負けて下がってきてしまいます。日ごろから表情筋を鍛えてたるみのない肌を目指してくださいね。 これはやりがいがあるかもです、是非取り組んでみてくださいね。
たるみのサインとは (よっぴー)
たるみって気になりますよね〜、しかたないかと諦めがちになりますが・・・。 たるみのサインってどんなものなんでしょう。 日常生活においてあまり「たるみ」というのを気にしてないとは思いますが、些細なことで「たるみ」というのは感じるものです。ですので「たるみ」のサインを見逃さないようにしましょう。 「たるみ」のサインというのはどんなのがあるのでしょうか?以下に例をあげてみました。 ・頬を指で押して話した時に戻りが遅い ・写真を見てみたら昔と比べて輪郭がぼやけて見える ・顔についた枕の跡が消えない ・二の腕が腕を振ると昔には感じられなかった位に「ぷるぷる」している ・お腹周り、背中などがいぜんより掴めるような感覚になった など、身体に関するたるみのサインは色々あります。 身体のたるみも怖いけど顔のたるみはいつでも見えるからもっと怖いですよね。 年齢を重ねるにつれて重力に従うかのように落ちてくる頬、このたるみこそ老け顔の大原因なのです。しかし重力に従ってばかりはいられませんよね。逆らってなんとか最小限にとどめたいと思うのが女心と言うものです。 鏡を使って簡単に肌のたるみをチェックしてみましょう。 鏡を見た時に、小鼻の脇の頬のあたりの毛穴がちょっと楕円形になっていたり、広がっていたり、目立つようになっていたら要注意です。頬を軽く引っ張った時に毛穴が目立たないようだったら肌がたるみ始めているということになります。 「たるみ」は急にはやってきません。徐々に徐々に、しかも確実にやってきます。ですので小さなサインでも見逃さないようにしてケアをすることがたるみ解消の第一歩だと思います。 知っててトクすることなので是非、活用してみてくださいね、毎日チェックしながら変化を見逃さないでくださいね。
肌がたるむ原因とは何? (よっぴー)
女性には大変に関心が深い顔のたるみですが、肌がたるむ原因についてもっと詳しく調べてみましょう。 肌ってたるんで欲しくないのにどうしてもたるんできますよね?なぜなのでしょう? 年齢を重ねるにつれて日常のなんでもない行動がたるみの原因になっているってご存知でした?怖いですよね。若い頃と重力は変わってないはずなのに・・・ コラーゲンと言うのは肌のハリを維持しています。重力に負けないくらいコラーゲンが頑張って肌を支えてくれれば、肌はたるみとは無縁になるんですが、年齢を重ねたり、紫外線を浴びたり、ストレスがたまるとコラーゲンは破壊され、また作られにくくなってきます。よって、コラーゲンは減少していっているのです。 また、顔のたるみに大きく関係しているのが表情筋です。表情筋とは顔の筋肉のことで怒ったり笑ったり泣いたりと色々な表情を作っている筋肉です。コラーゲン同様に表情筋も年齢と共に力が低下していきます。 若い方でも適度に運動しないと筋肉は衰えていきますよね?表情筋も同じで鍛えないと衰えてくるのです。ちなみにですが怒り顔よりは笑い顔の方が表情筋をより多く使っているそうなので大いに笑って表情筋を鍛えてくださいね。じゃないと表情筋の老化を早めてしまう可能性もあるのでご注意! 更にパソコンやテレビを頬杖ついて見ていたりなどしていないでしょうか?頬杖を付くと言うのは肌に負担をかけていることになります。それだけ老化を早める原因になります。そのうえ口角が下がっているとたるみもどんどん進行していきます。 口角を上げて笑顔を意識して、たるみ防止につなげていきましょう。 いかがですか? 肌がたるむ原因ついてよくわかりましたか? 是非、原因を知った上で取り組んでみてくださいね。
肌のたるみに効果的なスキンケア (よっぴー)
お手軽に肌のたるみが改善されるならやってみたいと一度は思う肌のたるみに効果があるスキンケア。 顔のたるみをスキンケアで改善しようとするなら、普段のお手入れにマッサージも加えてみてはいかがでしょうか?基本的には手の動かし方は「下から上」「内から外」です。またスキンケアだけやらずに何に対しても意識的に行うと変わってくると思います。例えばファンデーションを塗る時にも気をつけると顔が持ち上がっているような気がするはずです。 マッサージを行う時には力加減に注意してください。自分の指でシワが出来るようなら駄目なサインです。肌を引っ張らないように優しくマッサージしていきましょう。 マッサージに使用するのに適しているのは「マッサージクリーム」です。これを使うと余計な力をかけさせないように摩擦を起こさせない働きがあります。 基礎化粧品は馴染みのよさがいいのが一番だと思うんですがマッサージの観点から見ると摩擦を起こさないようにするのが一番です。わざわざマッサージクリームを買ってくるのは面倒だわって人はクレンジングの時に意識して指を動かしてみるだけでも違うと思いますよ。 【たるみ解消マッサージ方法】 ※上から下、内から外を心がけましょう。 1.額の中心を生え際から目元まで指を滑らせます。 2.髪の生え際からこめかみまで指を滑らせます。 3.鼻の両側を上から下に指を動かしましょう。 4.小鼻を上下にこまかく指を動かしましょう。 5.目の周りを目頭を先頭に→上まぶた→目尻→目の下→鼻の付け根と指を優しく動かしましょう。 どうでしょうか?参考になりましたか?頑張ってたるみ解消していきましょう。 女性には大変に興味深い肌のたるみに効果があるスキンケアでした。
顔のたるみをストレッチで改善 (よっぴー)
女性は顔のたるみの話題が絶えませんね。ついつい顔を手でひっぱりあげて、『こんなんだったら・・・』ってよくいいますよね(笑) 顔のたるみを解消、予防するには表情筋を鍛えることが大切だと思います。表情筋を鍛えることで肌の新陳代謝も高まるし、ハリとつやを取り戻し、たるみを解消してくれます。 肌のストレッチは場所を問わずいつでも、テレビを見ながらでもできるので毎日続けることが出来ます。 以下に簡単なストレッチ方法を記述しますので参考にしてみてくださいね。 【頬筋(きょうきん)】 頬筋とは頬の下の方、唇の端から耳にかけてある筋肉です。ここが衰えることで頬に肉がつきやすくなりたるんできます。 1.頬を思いっきりすぼませた状態(このとき口はとがっている状態です)で5秒間キープします。 2.今度は逆に頬を膨らませて行き、思いっきり膨らんだところで5秒間キープします。 3.もとの顔にゆっくり戻します。 4.1〜3を5〜10回ほど繰り返してください。 【口輪筋】 口呼吸が多い人は口輪筋がたるんできているかもしれません。ストレッチでしまりある口元にしましょう。 1.口を縦に大きく開きます。このとき唇を前に突き出した状態で5秒間キープします。 2.逆に唇を口の中に巻き込んでいくような感じで5秒間キープします。(このとき唇は正面からは見えない状態です。) 3.もとの顔にゆっくり戻します。 4.1〜3を5〜10回ほど繰り返してください。 年齢を重ねるとどうしてもあらわれてしまう、体の悩み、それが「シミ」「シワ」「たるみ」です。でも「たるみ」は毎日のケア次第で改善も予防もできるのです。ですので意識してやっていって美しくなりましょう。 顔のたるみをストレッチはやりがいがあるかもです、是非取り組んでみてくださいね。
顔のたるみを改善するストレッチ (よっぴー)
最近よく耳にする顔のたるみを改善するストレッチですがくわしいことを調べてみましょう。 小鼻の両脇から口元にかけてある八の字のシワがありますよね。これを法令線(ほうれい線)と言います。年齢を重ねていくと頬がたるんできます。頬がたるむと脂肪が下がります。このせいで法令線がくっきりと目立ってきてしまうのです。俗に言うブルドック状態ですよね。 法令線というのは、もともとは産まれた時からあるのですが、年齢を重ねるにつれてたるみのせいで目立ってきてしまうというやっかいなシワです。目立ってくると老け顔になってしまうので気にしている方も多いのではないかと思います。 そこで、たるみを予防する方法としてフェイスストレッチがあります。私達の日常的な生活の中では表情筋は3割程度しか使われていないそうです。表情筋を使わないと「筋肉が衰えてくる→たるむ」という図式が成り立ってきます。表情筋をストレッチで鍛え、たるみやシワを予防することが出来ます。また鍛えることで表情が豊かになったり小顔効果も得られたりしますよ。 【口を動かす】 顔の筋肉は口輪筋といいます。ここを動かすことで口元が引き締まり顔全体にも影響がでてきます。 1.口を大きく動かし「あ」を発声します。顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。   (「あ」の発声とは少し上を向いた状態で口を開ければ大丈夫です。) 2.口を大きく動かし「い」を発声します。顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。   (「い」の発声とは口を横に引っ張った形で発声します。口角は少し上気味で!) 3.口を大きく動かし「う」を発声します。顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。   (「う」の発声とは口を前に突き出します。このとき頬はすぼめます。) 4.口を大きく動かし「え」を発声します。顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。   (「え」の発声とは口を大きく開けながら唇を内側に巻き込む感じで歯を隠します。) 5.口を大きく動かし「お」を発声します。顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。   (「お」の発声とは口を前に突き出した状態) 6.1〜5をゆっくり5回ほど繰り返してください。 知らなかったことも沢山ありましたね、少しずつチャレンジしてみてくださいね。 面白い情報ですね、一度ためしてみてくださいね♪
たるみに関する情報 (よっぴー)
ちまたでよく耳にするたるみに関する事ですが、このたるみに関してくわしいことを調べてみましょう。 顔のたるみというとドキッとする方も多いかと思います。一般的に20代半ばから始まる現象で、筋肉や皮膚が衰えてくる事が原因とされています。たるみがでる場所は主に、目元、頬、アゴといったところでしょうか。 たるみは急激に出てくるものではなく、ゆっくりとゆっくりと進行していくので自覚されにくいという難点があります。 また、マッサージなどでは解消できないとさえも言われています。 一番悪影響があるのが紫外線です。紫外線は真皮にまで届きコラーゲン繊維を痛めてしまいますので紫外線対策は忘れないようにしてください。 ほうれい線とは小鼻の脇辺りから口の横に縦に八の字に入っているシワの事を指しています。ブルドック顔や頬のたるみがこれにあたると思います。ほうれい線は赤ちゃんのころからあるものですが、深くなれば深くなるほど老けた印象を与えてしまいます。逆に言うとほうれい線が深くないと若々しい印象でいられるということになります。 ほうれい線やたるみを改善、解消、予防するには基本的には表情筋を鍛えることで多少ではありますが効果が得られると思います。やりかたは「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」をゆっくりと声を出しながら大きな口で開けたり閉じたりを繰り返してやってみてください。他にはマッサージで多少改善することもあります。本を見ながらゆっくりゆっくりマッサージしてみてください。基本は下から上、内から外です。 また、どうしてもマッサージやストレッチで駄目なときにはリフティングマシンによって顔を引き上げてもらうしかないかもしれませんね。 結果をだすのはなかなか難しいですが、まずはできることらはじめましょうね、変化があらわれれば楽しいですね。
化粧品でたるみ対策 (よっぴー)
どうにかならないかと顔のたるみをみて誰もが思うもの・・・。     たるみが気になる場合はスキンケアで改善することもできますね。 化粧品の水分をきちんと補給することはたるみ対策に限らず全ての肌トラブルにとって、すごく大切な事です。 化粧水で充分に水分補給し、その後にたるみ対策として美容液やクリームなどプラスして更にマッサージやストレッチなどを施してあげることもたるみ防止にはすごくプラスになることだと思います。 現在の化粧品はアンチエイジングとして女性の老化、たるみに着目した美容液などがものすごくたくさん発売されていて誰でも手軽に買うことが出来ます。しかし、やみくもに化粧品を買ってつけても駄目だと言うことに注意してください。まずあなたの肌のたるみは何が原因なのかということを探る必要があります。 「ハリと弾力に効果あり」とか「リフトアップ効果絶大!」なんて広告を見たら飛びついちゃいますよね。でも自分のたるみの原因、加齢によるものなのかコラーゲンなどの成分減少によるものなのか、顔にお肉が付いたからなのか。そういう点から見ても選ぶ化粧品と言うのは変わってくると思います。 まずは化粧品コーナーなどに行き、カウンセリングを受けましょう。カウンセリングで行われる肌診断などで自分の不足しているものやたるみの原因となっているものが見極められると思います。まずは見極める事が先決だと思います。 自分の肌のたるみの原因をきちんと見極め、何を補ってあげたらいいのかを判断し、その状態により効果を発揮する商品を選ぶようにしてあげることが、たるみ解消の近道だと思います。 女性にとってすっごく大事なことですよね。スキンケアですこしでも改善されるならそれにこしたことはないですね。
頭皮のたるみ対策 (よっぴー)
女性には大変に興味深いたるみ問題です、頭皮のたるみについてもっと詳しく調べてみましょう。 一生懸命に顔のお手入れをしていても、効果がいまいち上がらないと思っている方いませんか?顔の皮膚は頭皮の皮膚ともつながっているのでこの頭皮がたるんでいる可能性もあるのです。 特にデスクワークが多い方は、上半身を酷使しているので、頭皮の血行も悪くなって硬くなってきがちです。頭皮が疲れていると肌の色もくすんできますので、このことから肌の弾力を失ってしまってたるんできてしまうということになるのです。 あなたの頭皮はゆるんでいないでしょうか?ちょっとだけ自分の頭に手を当ててみて頭皮をつまんで確かめてみましょう。かなり大きくつまめるようなら頭皮が確実にゆるんでいるという事になります。皮膚は頭も顔も同じ一枚の皮で繋がっています。ですので頭皮が血行不良だったりゆるんでいたりすると確実に顔の皮膚にも影響が出てくると言うことになってしまうのです。 こういうときには頭皮マッサージをしてみましょう。頭皮マッサージをするとたるみ改善、リフトアップ効果が出てくると思いますし、肌自体にも透明感が出てくるので見た目の印象がぐっと違ってくると思います。 頭皮マッサージですが、美容院などでやってもらっているマッサージを自宅にて自分でやるのがいいと思います何も使わないよりはできればローズウォーターなど頭皮につけてあげてマッサージしてあてると、アロマの香りで得られるリラックス効果などが増進しますので1度でもかなりの効果が期待できるようになります。 さらに、毛穴に詰まっている汚れを落とすのも効果的です。お風呂でくしなどを使って頭皮の汚れを落としましょう。 以上が頭皮のたるみについての詳細です。効果的な方法をまずは実践してみてくださいね。
新規登録
モバイル版 QRコード
ブロくるモバイル版
ブロくるは携帯でも更新できます。
左のQRコードを携帯で読み取って、今すぐアクセスしてみよう!
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top
テンプレート
cherry blossoms2 足跡 クローバー 旅行
テンプレート一覧を見る
困ったときは
ヘルプ
よくある質問
お問い合わせ
マークの説明 18歳未満閲覧禁止マーク定期購読課金マーク都度課金マーク閲覧推奨年齢指定マークお絵かきマークくる天会員限定マーク
スタッフブログ
ブロくるサイトリニューアル!
ブロくるが見やすく使いやすくなりました!
お絵描き機能バージョンアップ
レイヤー対応、トーン貼り対応!!!
【ブロくるへのご意見】はこちら
ご意見・ご感想お待ちしております。
【モバイル版】課金記事投稿対応
携帯からも課金記事が投稿できます!
クレジットカード決済代行はテレコムペイメント
CTI・Webシステム開発はイーステム
あなたもくるくる天街で働いてみませんか?
無料お絵かきブログ